Dr.Sum EA

“数字”が見える、次の一手が打てる集計・分析のプラットフォーム

ビジネスのスピードアップや価値創造にデータ分析は欠かせません。企画、開発、製造、販売など、あらゆる業務で膨大なデータが生まれており、必要とするデータを素早く把握し行動に移すことが、成功の鍵となります。

そのデータの多くは“数字”です。 経営者や部門マネージャーから、現場の社員まで、誰もが即座に事業や業務を取り巻く“数字”を理解し、スピーディな状況把握から次の一手につなげられるBI、それがDr.Sum EAです。

数字が見える、次の一手が打てる集計・分析のプラットフォーム
drsum概要

導入効果

Dr.Sum EAの導入により、こんな悩みを解決します。

  • 定期作業の負荷・コスト削減

    手作業で、数日掛けて、
    定期報告資料を作成していた。

    手作業で行っていた作業が自動化
    され、定期作業に掛かる時間・人件費が大幅に減少。

  • 誰でも簡単に!

    新たな分析をしたい場合、
    プログラム開発・改修をしないといけない。

    新たな分析に必要なデータ抽出や
    集計定義の作成をノンプログラミングで実現。

  • 基幹業務システムへの負荷なし

    基幹業務システムに直接アクセスしてレポートを作成するとレスポンスが落ちるのでは。

    基幹業務システムではなく、
    Dr.Sum EAでレポートを作成するので、システムへの影響は軽微。

特長

Dr.Sum EAの最大の特長は、高速なデータ集計のために独自開発されたデータベースエンジンです。BIツール特有の難解な階層設計やキューブ設計は必要ありません。あらゆる集計リクエストにも瞬時にレスポンスを返すことができるので、ストレスを感じることなくスピーディな意思決定のための集計・分析を行えます。 また、Dr.Sum EAは、Amazon Web Services (AWS)やMicrosoft Azureに正式対応しており、クラウド上でも動作させることができます。

基幹業務システムや各種情報系システムなど、企業のさまざまなシステムのデータを、Dr.Sum EAで簡単に統合し、集計・分析を一括して行える情報基盤を構築できます。社内に限らず、クラウドにあるデータも取り込めます。 もちろん、FUTUREONEシリーズや、SAP Business Oneとのデータ連携もできます。

Dr.Sum EAでは、システムのデータだけではなく、お手元のExcelファイルのデータを取り込むことも可能です。インポートタスク(フォルダ監視)機能を利用すれば、特定フォルダにファイルを保存するだけで、Dr.Sum EAにデータを蓄積できます。今までのExcel運用環境を変えずに、これまでのExcelファイル資産を有効活用しながらDr.Sum EAで集計・分析を行えます。

直観的な操作が可能なGUIは専門的な知識を必要とせず、情報を必要とする社内のすべての人が機能を最大限に活用して情報分析を行えます。さらに、柔軟に設定できるバリエーション豊かなグラフ表現がデータの把握と問題点の発見をサポートします。

サーバーライセンスで利用できるため、社員の増加や利用部署の拡大など、ユーザー数の増加に伴う追加コストを気にせずに全社で情報活用できる基盤を構築し、その利用を促進することが可能です。また、ノンプログラミングで開発できるため、設計・構築にかかる初期コストだけでなく、変更に伴う追加コストも抑えられます。

導入規模に応じたデータベースエンジン、データソースに応じたデータ連携、用途に応じたインターフェイスを、コンポーネント化し、お客様ごとに異なる環境に合わせてそれぞれを導入できます。部門導入からスタートさせ、徐々に全社、またはグループ企業やグローバル拠点に展開するなど、段階的な導入が可能です。

お問い合わせ

03-5719-6122

【受付時間】9:00~17:30
(土日祝祭日、その他当社指定の休日を除く)