InfiniOne Project

TOP > 提供サービス > InfiniOne Project

多様化する業務をトータル的にカバーするために
開発された業種特化型の基幹業務システム

部門対応・内部統制・各種計上基準対応などの共通機能に対し、販売・購買・在庫・原価計算・債権・債務の基幹業務機能と、さらに引合・定期請求・実行予算・プロジェクト採算・事業予算などの個別業務機能をオールインワンとして提供いたします。

機能モジュールを選択することで柔軟かつ業務への適合性を追求した中堅・中小企業に適した基幹業務システムを構築します。

多様化する業務をトータル的にカバーするために開発された業種特化型の基幹業務システム
ERP・基幹業務システムの新ソリューションブランド”InfiniOne”とは?

導入効果

InfiniOne Projectの導入効果は以下の通りです。

開発や製作、工事、その他請負業種に至るまで様々な業種に適応し、ハイレベルなプロジェクト管理を実現します。

  • リアルタイムな情報から、
    迅速な意思決定が可能に

    物件別の原価や損益情報収集に時間が掛り、
    生きた情報が入手できず、対応策を検討する
    時間がいつも足りない。

    利益損失に繋がる物件の早期発見と
    問題点を見つけ易くなり、迅速な指示と方針の決定が可能に。

  • 案件別の引合~売上~損益を
    可視化し、予実績を一元管理

    案件毎の数値情報(売上/原価/粗利)
    収集に時間がかかり、営業予測数字がすぐに
    把握できない。

    案件毎の見込数値が見える化され、
    営業予測に基づいた迅速な対応が可能に。赤字案件の削減に成功。

  • 経理処理の迅速化と
    管理会計業務の効率化

    定期契約サービスの請求~売上~入金の管理が手作業で正確性と効率性に欠ける。

    各データが連携でき、経理伝票記帳と会計システムへの仕訳入力の手間と
    ミスを大幅に削減。

特長

特長1 複数の事業や取引形態への対応 

単一業態から複数業態ビジネスに対応し、開発や製作、工事、その他請負業種に至るまでさまざまな業種に適応した個別原価機能を備えたシステムです。引合・販売・購買・定期請求・プロジェクト損益・個別原価計算・債権・債務・会計連携などの機能を装備。また、取引形態ごとに売上基準、請求書発行基準など対応可能です。

企業の経営には欠かす事のできない業務にジャストフィットします。

特長
特長
特長2 損益管理の2階層対応を実現 

受注ごとの損益、複数の受注や追加原価も含めた上位プロジェクト別の損益の把握が可能となります。

2階層管理を装備することにより、下記の事が実現可能となります。

 ・契約(受注)に対する、複数対応部門ごと作業内容ごとに取引(受注)の分解

 ・基本取引終了後、アフター発生時(無償サポート・原価発生等)に対しても、追加受注作成によるトータル損益管理

特長
特長3 部門別取引先別の債権債務管理を実現 

受託や販売購買、保守等の取引パターン別に債権/債務の勘定科目を設定することにより、部門別取引先別勘定科目別での債権/債務の残高管理が可能です。

入金単位を「取引先単位」「受注単位」「売上単位」から選択することができる個別消込機能や、支払単位を「取引先単位」「仕入単位」から選択することができる支払機能により、より精度の高い残高管理を行うことができます。

特長
特長4 システムを支える基幹業務プラットフォームを自社で実装 

InfiniOne Projectは、基幹業務プラットフォーム「InfiniOne Core」で実装しています。基幹業務プラットフォームとアプリケーションパッケージの両輪から、お客様のシステム基盤を支えます。システムの導入からアフターサポートまで、ワンストップでご支援することが可能です。

システム構成図

単一業態から複数業態ビジネスに対応し、開発や製作、工事、その他請負業種に至るまでさまざまな業種に適応した個別原価機能を備えたシステムです。

引合・販売・購買・定期請求・プロジェクト損益・個別原価計算・債権・債務・会計連携などの機能を装備。企業の経営には欠かす事のできない業務にジャストフィットします。

システム構成図

システム環境

InfiniOne Projectのシステム環境は、クラウド型(IaaS)・オンプレミス型(自社設置)も、どちらでも選べます。

初期費用を抑えたい、サーバ運用負荷を軽減したい。でも長期的に考えると費用が掛かるなど、クラウド型・オンプレミス型のどちらを選ぶかは企業によって異なります。 InfiniOne Projectは、クラウド型、オンプレミス型、どちらの導入方法を選択することも可能です。

クラウド型

InfiniOne Projectのシステム環境を、クラウドサービス上に構築します。サーバなどハードウェア購入は不要です。

メリット
  • 初期費用を抑えたい。
  • サーバ運用・保守業務の負荷を軽減したい。サーバ障害対応の工数がかかっている。
  • 企業の成長、データ増大、システム負荷に応じたシステム環境を増強したい。今後、ビジネスを拡張したい。

以下のベンダーが提供するクラウドサービスに対応し、動作検証済みです。

システム環境
システム環境

オンプレミス型

InfiniOne Projectのシステム環境を、購入したサーバ上に構築します。サーバはお客様で運用していただきます。

メリット
  • オフライン環境で使える(インターネット回線に障害が起こっても、システムが止まらない)。
  • 同一ネットワーク内にある社内システムとの連携がしやすい。
  • 情報漏えいなどのセキュリティリスクが低い(セキュリティへの考え方により評価は変わる)。

導入事例

ご提案からサポートまでの流れ

お問い合わせ

03-5719-6122

【受付時間】9:00~17:30
(土日祝祭日、その他当社指定の休日を除く)