TOP > サービス > InfiniOne ERP > 機能一覧 > 原価管理

機能一覧

企業経営における原価計算・原価管理

原価計算だけではなく原価管理も実現

原価計算は期間損益算定のために製品原価を集計、算出する業務プロセスであり、正確な財務諸表を作成するためには不可欠であるといえます。

一方で、製品原価データを分析し、原価低減を実現するためには原価管理が必要です。

InfiniOne ERPでは、品目別・オーダー別に「予定原価」及び「実績原価」、「実際原価」 という

3つの異なる原価概念で、また原価要素別に集計しています。

これにより、製品原価を算出(=原価計算)するだけではなく、異なる原価概念を相互に比較し、原価要素別にブレイクダウンした差額分析(=原価管理)にも役立てられる情報を提供します。

原価差額の分析をサポート

原価管理の基準となる原価(=「予定原価」)と実際の原価(=「実際原価」)とを比較し、「単価差異」と「数量差異」とに区分して差額を特定し、原価差額があった場合の分析を容易にします。

ERPシリーズで用いる原価

予定原価:原価管理の基準となる原価(予定価格×予定消費量) 実績原価:予定原価に対して消費量を実際に発生した値(=実際消費量)に置き換えた原価概念(予定価格×実際消費量)

実際原価:消費量だけではなく単価(「労務費」及び「経費」は除く)についても実際の値(=実際消費単価)としている (実際価格×実際消費量)

社会の礎を担っている中堅・中小企業の皆様に高品質なITソリューションを提供し、
お客様企業の価値向上を実現するために全力を尽くします!

製品の
比較・検討なら

「製品資料が欲しい」「デモが見たい」などをご要望される方は、こちらにお問合せください。

また、製品の詳細な機能・価格などのご質問への回答、貴社にあった最適な導入プランをご提案します。

RFP作成前に

「課題が整理できない」「何をシステム化すべきか」「投資効果は」などをお悩みの方は、こちらにご相談ください。

経営方針の確認や現状分析を通して、最適なシステム化方針・RFPを導き出す手法をご紹介します。

脱オフコンなら

オープン化を検討したいが、「自社に最適なパッケージシステムが存在するのか」「そもそも、オフコンから脱却できるのか」などをお悩みの方は、こちらにご相談ください。

脱オフコンのノウハウをご紹介します。

03-5719-6122

【受付時間】9:00~17:30
(土日祝祭日、その他当社指定の休日を除く)