マジックソフトウェア・ジャパン社の超高速システム連携ソリューション「Magic® xpi」を販売開始 |ERP(基幹業務システム)のフューチャー・ワン

  • facebook
  • お問合せ
  • メニュー
 
TOP > ニュースリリース > 2018年 > マジックソフトウェア・ジャパン社の超高速システム連携ソリューション「Magic® xpi」を販売開始

ニュースリリース

Press Release
報道関係者各位
2018年4月9日
FutureOne株式会社
代表取締役社長 櫻田 浩


マジックソフトウェア・ジャパン社の
超高速システム連携ソリューション「Magic® xpi」を販売開始
~データとビジネス・プロセスをつなぐ「SAP® Business One連携ソリューション」として
取扱製品に追加し、サービスラインナップを拡充~

SAP® Business One連携ソリューションとして「Magic® xpi」を活用

 「Magic® xpi」は、社内外に分散している様々なシステムやサービスが保有するそれぞれの異なるデータを、連携・同期・統合するシステム連携(EAI)ソリューションです。「Magic® xpi」には 66 種 500 機能以上のアダプタ・コネクタ群が実装されているため、簡単かつ直感的にドラッグアンドドロップでシステム連携フローをデザインできます。
 また、「Magic® xpi」は、中堅中小企業向け基幹業務パッケージ「SAP® Business One」との標準連携アダプタを実装しており、ノンコーディングでのシームレスなデータ連携を実現します。「Magic® xpi」の活用により、効率的な外部インターフェイスの構築、および短期間でのビジネス・プロセスの自動化、最適化、モニタリングが可能です。
 連携工数の削減や社内データの有効活用など、さらなるビジネス促進へと繋げていきます。



「Magic® xpi」について

「Magic® xpi」の特長

 ① ノンコーディングで連携処理を実装し、開発・運用のコストを大幅に削減
 ② 豊富なトリガー機能がリアルタイム連携を容易に実現
 ③ 全てのデータ・プロセス連携フローを常時モニタリング
 ④ インメモリデータグリッド・テクノロジー(注1)により、パフォーマンスと耐障害性を担保
 ⑤ コネクタビルダーで独自のアダプタを作成可能

  注1:大量のデータを複数のサーバのメモリ上にデータを分散管理し、並列に処理する技術


※ 記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
※ プレスリリースに記載された製品/サービスの内容、仕様、お問い合わせなどは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。


【会社概要】
社 名:FutureOne株式会社
代表者:櫻田 浩(さくらだ ひろし)
設 立:2002年10月1日
社員数:274名(2018年1月1日現在)
本 社:〒141-0032 東京都品川区大崎2-9-3
U R L :https://www.future-one.co.jp/
事業内容:「InfiniOne」「MoneyOne」をはじめとするERP・基幹業務システムを中心としたソリューションの開発・販売・サポート、
     ECサイトの構築及びITコンサルティング


【報道機関からのお問い合わせ先】
社 名:FutureOne株式会社
部署名:社長室&Marketing マーケティング担当:桑澤 雅幸(くわざわ まさゆき)
TEL: 03-5719-6122   
FAX: 03-5719-6123
E-Mail:f1-marketing@future-one.co.jp

社会の礎を担っている中堅・中小企業の皆様に高品質なITソリューションを提供し、
お客様企業の価値向上を実現するために全力を尽くします!

製品の
比較・検討なら

「製品資料が欲しい」「デモが見たい」などをご要望される方は、こちらにお問合せください。

また、製品の詳細な機能・価格などのご質問への回答、貴社にあった最適な導入プランをご提案します。

RFP作成前に

「課題が整理できない」「何をシステム化すべきか」「投資効果は」などをお悩みの方は、こちらにご相談ください。

経営方針の確認や現状分析を通して、最適なシステム化方針・RFPを導き出す手法をご紹介します。

脱オフコンなら

オープン化を検討したいが、「自社に最適なパッケージシステムが存在するのか」「そもそも、オフコンから脱却できるのか」などをお悩みの方は、こちらにご相談ください。

脱オフコンのノウハウをご紹介します。

03-5719-6122

【受付時間】9:00~17:30
(土日祝祭日、その他当社指定の休日を除く)