開発ツール

TOP > FutureOneの強み > 開発ツール

開発ツールによって高品質なシステムを提供します。

基幹業務システム FUTUREONEシリーズは、開発ツール「トリプルアール」によって構築されています。

トリプルアールは部品化合成法という手法を採用し、その性能の高さから大手SIer様にも採用いただいており、累計8,000社以上の中堅・中小企業の基幹業務システムに導入いただいています。

開発ツールによって高品質なシステムを提供します
  • 機能性

    Merit1 機能性

    カスタマイズ部分に対して、標準機能が自動的に展開されるため、機能性を担保できます。

  • 生産性

    Merit2 生産性

    再利用可能な形に整理されたライブラリを使用し、品質を保ちつつ、高生産性を実現します。

  • 保守性

    Merit3 保守性

    開発ルールの徹底・標準化により、システム保守の課題である属人化を排除します。

機能性

トリプルアールにはデータ出力やメニュー権限コントロールなど、様々な基本的な機能が標準搭載されています。
この標準機能は、カスタマイズによって新規に作成された画面や帳票にも自動的に展開されるため、お客様に一貫した機能性を提供すると共に、不要なカスタマイズ(コーディング)を抑制することが可能です。また、「システム更新漏れ」を防ぐため、プログラムリリースツール,データベース更新ツールなどの運用を手助けする機能も搭載されています。

機能性

生産性

トリプルアールでは、過去のカスタマイズ事例を“事例ライブラリ”として蓄積し、それらを利用・参考にしながら、効率よくシステムを開発します。事例ライブラリは、稼働実績があるカスタマイズ例なので、品質は担保されています。
また、トリプルアールでは、プログラムの大半を自動生成することができるので、生産性の向上を図れます。

生産性

保守性

トリプルアールは部品化合成法という画一的なルール(開発規則)に則り開発を行います。
この開発手法によりプログラムロジックの標準化がされ、システム拡張や保守の妨げとなる属人性の排除を実現しました。また、カスタマイズを前提とした設計(思想)のため、カスタマイズをしたことにより保守性を損なうことはありません。
保守性
保守性

生産性の高さがメリット

トリプルアールはデータベースを直接変更する必要がなく、またプログラムも自動生成部分が大半であるため、開発効率が良く生産性が非常に高い。なので、短納期で納品でき、お客様にも開発ツールの恩恵を還元できる。

システム稼働後がポイント

他の開発ツールと比べると運用面への考慮が大きく、システム稼働後に拡張をする事が容易です。またこの点においてお客様からは大きく評価いただいております。

品質を最も重視したい

FUTUREONEシリーズは、開発ツール「トリプルアール」によって構築しております。その最大の理由は高品質の担保です。

機能性,運用性,保守性と様々なメリットをもたらすトリプルアールですが、そのすべてが高品質の提供につながります。

FutureOneは全てのお客様に高品質なシステムの提供を実現するため、トリプルアールを用いたシステム構築を行っております。

またFutureOneでは「トリプルアール」と導入実績による「導入ノウハウ」の両輪によって、システム提供方法をお客様側の立場で検討を行い、最適なシステム提案を差し上げることが可能となります。

開発ツールを使用する理由

部品化合成法とは、下記の特長を持ったFutureOne独自の開発手法です。

  • 開発規約に従って再利用可能な形に整理された
  • ライブラリというソフトウェア開発資源
  • リポジトリという開発管理DBで一元管理
  • 統合環境で自動生成することでソフトウェアを作成する
開発ツールの技術

業務特化型ソリューション FUTUREONEHybの販売から開発、サポートまで一貫したビジネスを新たに立ち上げて頂くパートナー様を募集しています。

ご提案からサポートまでの流れ

お問い合わせ

03-5719-6122

【受付時間】9:00~17:30
(土日祝祭日、その他当社指定の休日を除く)