機械装置製造/販売業 |ERP(基幹業務システム)のフューチャー・ワン

  • facebook
  • お問合せ
  • メニュー

機械装置製造/販売業

TOP > 業種から探す > 機械装置製造/販売業

海外と国内経理システムの一元管理を行い、
効率的な経営管理と、内部統制を可能に

同業態でも、企業によって業務フローは様々です。 機械装置製造/販売業向けシステムは、柔軟なシステム構築によりお客様に合わせたシステム運用を実現します。 製品・商品在庫の種別と量が多い業界も、在庫管理を利用し在庫予測と適正在庫数を明確化するシステムで、在庫数の精度増加とリアルタイムな業務を実現します。問合せへの迅速な対応を可能とし、業務効率化へ繋げます。

海外と国内経理システムの一元管理を行い、効率的な経営管理と、内部統制を可能に

対象となる企業様

  • 設備機器

  • 工作機械

  • 金属加工機

実現できること

よくあるお悩みとご要望

  • 事務処理作業を短縮したい

    見積から売上までの間に複数システムを経由する必要があり、転記作業が多く時間がかかり、業務効率が悪い。

  • 重複管理をなくしたい

    経費精算・営業支援システムを利用しているが、販売管理との連携が取れていないため、重複管理が発生している。

  • 現行システムが連携していない

    現行のシステムが複数存在し、同じ内容の二重入力が必要。登録の漏れやミスによる数字の不整合が発生している。

  • 海外事業を拡大したい

    事業規模が拡大し、国内だけでなく海外との貿易を開始したいが、ワンシステムで管理できる良いシステムが見つからない。

  • 在庫管理をリアルタイムにしたい

    複数システムで在庫管理のため、在庫状況がすぐに把握できず、問合せ対応が遅れてしまう。商品数が多いため日々の在庫予測も立てにくい。

  • 正確な売上分析ができない

    商品や取引先ごとの関連付けがされていないため、正確な売上の分析と数値の把握ができない。

  • 国内外取引が一元管理できない

    国内取引と海外取引のシステムが異なり、確認、入力ごとに複数システムの立ち上げが必要。各工程に時間がかかり、業務効率が悪い。

  • ベンダーが運用を理解していない

    個別の売上伝票とは別に、プロジェクトごとに損益管理を把握したい。

機能紹介

  • 受発注入力

    受注と発注の同時入力が可能。1画面で両情報の入力ができ、作業の効率化、人件費を削減。

  • 在庫問合せ

    リアルタイムな在庫状況の把握が可能。商品別、倉庫別で検索できるため、問合せに迅速な対応が可能。

  • プロジェクトごとの予算、損益管理

    案件ごとの損益、複数の受注や追加原価も含めた上位プロジェクト別の損益を随時把握。見積、受発注画面で案件情報とプロジェクト情報を紐づける事も可能。

  • 貿易管理・国内外入力の一本化

    見積入力と受発注入力を、国内外問わず一本化。国内取引と完全同化することで作業の切り分けが不要になり、効率化が可能。


導入事例

「上場期」「非上場期」「上場会社の子会社期」の3ターム10年間の経営を支えたシステム

左から経営企画部情報システムチームサブマネージャー 奥山様、経営企画部長 野崎様、経営企画部情報シス...

ERP InfiniOne 基幹業務システム 財務会計 生産管理 販売管理

利益を確保しつつ、挑戦できる基盤を構築

産業機械部品製造 京浜ラムテック株式会社 様 導入製品 FUTUREONEHyb(InfiniOne...

InfiniOne 基幹業務システム 原価管理 販売管理

ご提案からサポートまでの流れ

FutureOneでは、「ご提案から導入支援まで同じ担当者が責任をもってプロジェクトを推進すること」
「各タイミングで様々なレビューを重ねること」
でプロジェクト・システムの品質を担保しています。
詳しい内容につきましては、下記詳細ページをご覧ください。

ご提案
要件定義
開発
導入支援
サポート

FutureOneのソリューション

社会の礎を担っている中堅・中小企業の皆様に高品質なITソリューションを提供し、
お客様企業の価値向上を実現するために全力を尽くします!

製品の
比較・検討なら

「製品資料が欲しい」「デモが見たい」などをご要望される方は、こちらにお問合せください。

また、製品の詳細な機能・価格などのご質問への回答、貴社にあった最適な導入プランをご提案します。

RFP作成前に

「課題が整理できない」「何をシステム化すべきか」「投資効果は」などをお悩みの方は、こちらにご相談ください。

経営方針の確認や現状分析を通して、最適なシステム化方針・RFPを導き出す手法をご紹介します。

脱オフコンなら

オープン化を検討したいが、「自社に最適なパッケージシステムが存在するのか」「そもそも、オフコンから脱却できるのか」などをお悩みの方は、こちらにご相談ください。

脱オフコンのノウハウをご紹介します。

03-5719-6122

【受付時間】9:00~17:30
(土日祝祭日、その他当社指定の休日を除く)