食品加工/卸業

TOP > 業種から探す > 食品加工/卸業

商品点数がどんなに増えても、
単価・利益管理、在庫管理を効率化

食品加工/卸業の特徴である「商品点数が多すぎて管理が煩雑になる」というお悩みをお持ちのお客様でも、得意先別の単価・利益管理、仕入先別の単価・リベート管理また在庫管理から業務の効率化を実現していきます。膨大な受注・発注に伴う伝票管理や入力作業も、データ連携を活用することにより、入力時間を大幅に削減可能です。

製造、販売、会計一体型のトータルシステムで、会社全体のパフォーマンスを向上

対象となる企業様

  • 冷凍・チルド食品

  • ドライ食品

  • アルコール・調味料

  • 厨房・調理用品・空調機器

実現できること

よくあるお悩みとご要望

  • 取引先別の単価・粗利管理

    取引先別の単価・粗利の管理が煩雑。商品値上げの際は、すべての得意先に対して単価・粗利の変更をしなくてはならない。

  • 取引先別の単価・リベート管理

    値上げによる単価管理、取引先ごとのリベート管理が煩雑で、取引先への請求作業に時間がかかる。

  • WebEDI・EOSなどのデータ連携対応

    得意先との受注データ連携ごとにシステムの変更が必要。コストが見合わず取引がなくなることもある。

  • 品薄商品のみの発注作業

    商品別に現在庫数が発注点を割り込むような商品のみの発注をしたいが、発注締時間までにすべての商品の状態を把握することが大変。

  • 「いつもの商品」への対応

    得意先から「いつもの商品」と発注された場合電話対応者では商品の判断が難しく、販売履歴から発注頻度の高い商品を販売履歴から確認しないといけない。

  • 発注データの連携(FAX連携)

    取引先ごとに発注締時間までにFAXを送信する作業に手間がかかる。

  • ピッキング指示

    商品棚別に効率よくピッキングし、配送別に仕分けしたいが、追加受注なども多く、ピッキング業務が煩雑である。

  • 棚卸作業

    棚卸作業において、商品在庫数をカウントし、システムに入力する作業に手間がかかる。

機能紹介

  • 得意先別商品単価登録

    得意先別の単価、リベートを加味した粗利を一元管理機能でき、値上げ時には次回からの単価登録も可能。

  • 商品登録・リベート単価登録

    商品の値上時は次回からの単価登録を可能にし、取引先別にリベート単価の登録も可能。

  • 所要量計算

    商品ごとに発注点を登録し、現在庫数に応じて発注データを自動作成。発注時の作業を簡略化。

  • データ取込・外部連携

    ファイルレイアウト変換ソフトと連携し、様々な得意先の受注データにシームレスに対応。

  • 発注データ送信

    発注作業によりできあがった発注データを、取引先別に送信またはFAX送信。

  • 商品

    得意先より「いつもの商品」と受注を受けた際、伝票登録画面上で一定期間内に取引のあった商品のみを表示。

  • ピッキングリスト

    棚番別の商品ピッキングリストと配送別ピッキングリストを出力、ピッキングの効率化を実現。

  • 棚卸登録

    棚卸記入表と棚卸登録画面の連動により、棚卸登録の作業を簡略化。


導入事例

FutureOneのサービス

ご提案からサポートまでの流れ

お問い合わせ

03-5719-6122

【受付時間】9:00~17:30
(土日祝祭日、その他当社指定の休日を除く)