Natsuho T. さん

TOP > 採用情報 > 社員紹介 > Natsuho T. さん

開発の初めから終わりまで
携われることが
FutureOneの醍醐味

新人研修終了後、既存のお客様向けに営業を担当する部署に配属。
1つ1つの仕事を確実にこなし、着実に成長をしている1人。

Natsuho-T. 2015年 新卒入社

Natsuho-T.2015年 新卒入社

入社を決めた理由

就職先は、自分自身が作り、自分がよく理解したものを提供することで様々な業種業態で働く人々に貢献できる会社がよいと考えていました。
私は手先が器用ではありませんが、IT技術ならば勉強すれば身に付けられると考え、IT業界に絞って就職活動をしていました。そんな中、中堅・中小企業を支える仕事に興味があり、自社パッケージを有しているFutureOneに目が留まりました。この会社で働きたいと強く思ったのは、1次面接の後に技術職と営業職の女性の先輩方を紹介していただき、お話を聞いた時でした。システム開発の初めから終わりまで携われる醍醐味や、社内での人間関係の良さが分かったためです。

新人研修で自身が一番成長したと思える点

試行錯誤する時間が短くなったことが、一番の成長と言えると思います。研修前、私はしっかりと自分の考えを持ってからではないと行動ができませんでした。研修を通じて、考える時間を決めたうえで、とりあえず実践、相談をすることが出来るようになりました。
新人研修は講義よりも実習の時間が多く、自らが考え行動する機会が多く与えられていました。各々で時間管理をすることが求められていましたので、限られた時間内に自身の納得のいく成果を残そうとしました。
解決策を早く導き出そうとすることで、建設的な考え方をし、成果も出しやすくなったと思います。
自身の意見を発信することで同期の仲間と助け合うことも多くなり、状況を説明する力もついたのではないかと思います。

学生の皆さんへメッセージ

私が就職活動をしていた頃、失敗した後に気持ちを切り替えることが出来ず、前向きになれない時期がありました。失敗をしてしまった時には、憂鬱な気分を引きずりがちだと思います。
そうならないためには、失敗に気が付いた時点で改善策を考えるとよいと思います。改善策が思い浮かべば、後は自分の好きなことをして失敗を忘れてしまえばよいです。
同じ失敗を繰り返さないために、いつまでも原因を考えることで沈んだ気分が続いてしまうよりは、吹っ切れて新鮮な気持ちでいるほうが表情が明るくなり、相手に与える印象も良くなると思います。

エントリーはこちら