Kiyotaka O. さん

TOP > 採用情報 > 社員紹介 > Kiyotaka O. さん

若手でも主役になれる
フィールドがある!

新人研修終了後、既存のお客様向けに営業を担当する部署に配属。

Kiyotaka O.
2016年 新卒入社

Kiyotaka O.2016年 新卒入社

新人研修で自身が一番成長したと思える点

ITスキル研修で成長を実感しました。特に文系出身の私はプログラミング実習は1からの勉強とあって講義に付いていけず苦労しました。 そんな時に支えになったのが先輩の存在です。プログラミング講義を担当していただいた先輩には、毎日のように質問に行っては丁寧に教えていただき、プログラミング初心者向けに補講も開講していただくこともありました。また講師をされた先輩とは別に、研修期間中は新人1人につき、先輩2人以上が「専属サポート役」として付いてくださっていました。一言で"先輩"と言っても若手や中堅クラスの年齢が近い方ばかりで、気軽に質問・相談できる環境でした。 ですから「ITには興味があるけど、プログラミング未経験だから…」という方も大丈夫です。私の同期もほとんどがプログラミング未経験者でしたが、無事研修を終え、各配属先で活躍しています。

FutureOneの魅力

FutureOneの魅力は若手・ベテランといった棲み分けがないこと、言い換えれば若手でも主役になれるフィールドがあるということです。例えばプロジェクトのお仕事でも積極的に「やりたい」と手を挙げれば、たとえ1年目でも任せていただけます。分からない時・悩んだ時には先輩が手厚くサポートしてくださいますから、心置きなくチャレンジすることができます。 また職場の雰囲気も良く働きやすい環境です。例えば「新人だから有給休暇を取りづらい」「先輩が仕事しているから帰りづらい」といったこともありません。部署間の交流も活発で、他部署の先輩にも分からないことを教えていただいたり、休憩時間には談笑しに行ったりしています。

Q.就職活動中の学生に向けて、一言お願いします

主に地方在住の方で都市圏へ就職を考えている皆さんへのアドバイスになりますが、とにかく早めに就職活動をスタートさせることが重要です。東京・大阪といった都市圏の学生に比べて、地方は説明会や面接の開催時期が遅い傾向にあります。その波に流されてしまうと、気づいた時には都市部での企業選考が終わっていた、ということにもなりかねません。就職活動解禁前、大阪で開催されていた就活イベントに行った時のことです。まだ私の地元では就活というムードではなかったため、目的意識もぼんやりとしたままイベントに参加しました。しかしいざ会場に足を運ぶと、参加していた都市圏の就活生の意識の高さに刺激を受け「このままではいけない」と就職活動を本格的に始動するようになりました。地方在住の方は都市圏で開催されているフォーラム・説明会など、まずは就職活動に関係するイベントに積極的に参加してみてください。企業研究の時間も大切ですが、就職活動の"現場"に行くことでしか得られないことも多いと思います。

エントリーはこちら