Haruka S. さん

TOP > 採用情報 > 社員紹介 > Haruka S. さん

自分が作ったシステムで、
お客様の業務効率化を実現できる

自社販売管理システムのカスタマイズ開発を担当する期待の若手エンジニア

Haruka S.
2016年 新卒入社

Haruka S..2016年 新卒入社

現在の仕事内容

私は新卒入社後、システム部門に配属されました。 配属後は主に自社販売管理パッケージのカスタマイズ開発を行っています。 入社以前は全くの開発未経験者でしたが、新人研修後、キャリアの第一歩としてプログラマを希望しました。新人研修で開発に触れ、もっと技術を深掘りしてお客様が使うものを自分の手で作れるようになりたいと考えたためです。 そのため通常は社内での開発が業務の中心ですが、納品等で直接お客様を訪問する機会もあります。 自分が作成したプログラムをお客様が実際に使っているところを見て、実際に便利になったと言っていただけると、お客様の業務効率化を実感できてやりがいを感じられます。

新人研修で自身が一番成長したと思える点

FutureOneは中堅・中小企業のお客様の経営課題を解決するために基幹システムを提供しています。そのため、社会人としてのマナーはもちろん、IT知識や業務知識、お客様と会話する力など、幅広い能力をしっかり身に付けていく必要があり、約4か月間という比較的長い期間の新人研修が設けられています。 私が研修中に大きくつまずいたのは、プレゼンテーションでした。新人研修ではプレゼン能力を高めるため、大勢の先輩社員の前でプレゼンする機会が何度もあります。入社して間もない頃は、うまく話せない自分に苛々したりプレゼンが近づく度に逃げたい気持ちでいっぱいになったりしていました。しかしFutureOneの先輩社員の皆さんは、部門・部署の垣根を越えて親身に相談に乗って下さいます。そのため次第に私も「次のプレゼンではこれをチャレンジしてみよう!」と前向きに取り組めるようになっていき、いざ登壇しても落ち着いて自分の言葉で話せるようになっていきました。周りの方々の温かい指導・支援があったからこその成長だったと思います。

Q.就職活動中の学生に向けて、一言お願いします

私が就職活動をした時期は、だんだんと景気が回復しつつあり、”売り手市場”と言われていた時期でした。そのことも大きく影響していますが、私は「就職活動を必ず3ヶ月で終わらせる」と決めて就職活動をしていました。理由は、大学での勉強にしっかりと時間を充てたかったためです。そのため、選考を受ける企業は3社までにとどめると決めていました。ある程度企業を見て回ったら、志望企業3社を絞り込み、徹底的にその3社について企業・業界研究を行いました。多くの時間を割けない分、研究対象を絞り込むことで就職活動の質をカバーしました。結果的に私はFutureOneが第一志望で1社しか選考を受けませんでしたが、しっかりと納得いくまで徹底的に検討した経緯があるので迷いなく入社を決めました。 学生の皆さんに伝えたいことは、自分の中で譲れないものを何か一つ決めて、それを軸に就職活動を行ってもらいたいということです。軸が決まって来れば、おのずと行動指針も見えてきて、結果もついてくると思います。打ちのめされて憂鬱になることもあると思いますが、周りに流されず自分の信念を大事にして、就職活動を力強く乗り越えていってください。

エントリーはこちら